2017年03月のお知らせ

 

3月23日 郵政産業労働者ユニオン ストライキ

郵政産業労働者ユニオンは、3月23日に全国一斉ストライキを決行しました。福岡地区においては、福岡中央郵便局前でスト集会があり、当該労組や支援者が約25人集まり街頭でアピール宣伝を行いました。
 組合が実施した社内アンケートでは、約7割の社員が「生活が苦しい」と回答しています。その一方で会社は17年3月期決算で3200億円の純利益を見通しながら、賃上げに応じようとはしません。今年度、2,050億円の株主配当をしておきながら、2年連続のベアゼロ回答は、許すことはできません。
(2017.3.23[Thu])

3月19日 安倍政治を許さない!福岡県集会

福岡市博多区冷泉公園で「3.19安倍政治を許さない!福岡県集会」が行われました。集会に出席した野党共闘に結集する議員からは、森友学園問題による安倍政治の口利き疑惑や共謀罪の実態も話され、安倍政治を早く終わらせなければならないと訴えられました。
 会場には約4000人が集まり、集会終了後は天神警固公園までデモ行進が行われました。
2017.3.19[Sun]

3月16日 17春闘宣伝行動

福岡地区春闘共闘は、3月16日の回答集中日翌日を最大の結節点として、県労連と共同で大規模な宣伝行動を行いました。 博多駅筑紫口には45人以上の組合員が集まり各産別組合からアピールが行われ、帰宅途中の市民に労働条件改善に関するビラや「森友学園問題ビラ(ふくちく速報号外)」が織り込まれたポケットティッシュが配られました。通行人には森友学園ビラを読みながら歩く人が多く見られ「頑張って下さい」とエールを送る方もいました。
配られたテッシュビラの数は、地区春闘共闘1,000個、福建労500個、全法務350個、福祉保育労200個、森友学園問題ビラ500枚で合計2,550枚の宣伝物を配布しました。
(2017.3.17[Fri])

3月16日 JMITU通信労組ストライキ

3月16日JMITU通信労組は、17春闘要求に対する回答に対して時限ストライキを行いました。スト突入集会が行われたNTT新博多ビル前では、当該労組組合員とスト支援に駆けつけた福岡県労連、福岡地区労連の仲間が集結し、約20人で宣伝行動を行いました。
NTTは、2016年3月期の連結決算では増収増益決算。6期連続の増収で内部留保は9兆7766億円に達しています。株主配当を110円とする一方で非正規雇用労働者へは「賃上げゼロ」回答を続け、株主優先経営の下、労働者の生活改善には極めて不十分な状況となっています。通信労組は、内部留保のわずか3.39%の還元で組合要求の賃上げは可能と主張し、石橋執行委員長を先頭に17春闘を勝利に向けて奮闘します。
(2017.3.16[Thu])

3月15日 九州電力要請行動

 福岡県労連は、3月15日に九州電力へ要請を行いました。申し入れの主な内容は、原発の再稼働を止めることと、電気料金の引き下げをすることです。九電の担当者は原発の安全性を説明しましたが、到底納得のいく説明では無く、これからも安心安全を求めていく事が不可欠です。
(2017.3.15[Wed])

3月8日 中央行動

 3月8日、東京日比谷野外音楽堂で全労連・国民春闘共闘の中央行動である3・8労働者総決起集会が行われました。集会では共謀罪許すな・安倍暴走政治ストップ!賃金の大幅引き上げ・底上げ、労働法制の大改悪反対!をスローガンに17春闘勝利のため決起しました。集会終了後、参加者は国会までデモ行進をしました。
(2017.3.8[Wed])

3月6日 いかんよ貧困福岡の会宣伝行動

3月6日(月)年金者組合、生健会、地区労連、県労連は、「いかんよ貧困福岡の会」のティッシュビラ宣伝、街頭署名活動を行いました。参加者40名、テッシュビラは500枚以上配布し、署名は約40筆集まりました。
(2017.3.6[Mon])

もどる
バックナンバーリスト